初めまして、の方が多いかと思われますが、
こんにちは。

Hula-Hooperという演劇ユニットの主宰をしております、菊川朝子です。
げんこつ団には何度か出演させていただいておりますが、それも遥か昔、、。←冷静にいつからか考えてみると、15年前くらい!がはじめてのげんこつ団客演でした。。

Hula-Hooperは現在プチ育休気味ですが、なんだかんだの個人活動をしたり、演劇にまつわるアレコレを企んだり、『二人静』という遅れてきた20世紀アイドルユニットをやったり、ママさんコーラス演劇『うたうははごころ』でママさんコーラスやってるふりをしたり、実際一児のハハだったり、しています。

共演します菊川泰然は、現在2歳2ヶ月。
世に言うイヤイヤ期ですが、元気に稽古に参加中。
個人的には泰然のバーターと認識して日々悶々と、粛々と、自分を見失わないよう必死です。

正直、どう出てくるかわからない相手を常に相方としてナンセンス喜劇やるの、メッッッチャむずいです。はじめてやったけど、メッッッチャむずい。
自分の間、とか、ないです。
間、命なのに。
間が、好きなのに。

毎日が戦場とはよく言ったものです。

今日は稽古場で、座って遊んでいる彼に
「ママ、こっちおいで、座って」と言われたので、
「ママ、出番だから」と言うと、
「あぁ、出番か」と納得して遊んでおりました。

そうそう、出番という言葉をストラタの現場で覚えました。

生後4ヶ月で初舞台を踏んだ彼なのですが
(正確にはお腹の中でも何度か舞台に立っていますが)2歳になった彼と共演するのははじめてです。

毎日、毎ステージ、新鮮な気持ちで舞台に立つ。
そんな当たり前で忘れがちなことを教えてくれる師匠です。…という感じで良かったでしょうか。

できれば2歳に目を奪われすぎないで欲しいとこっそり思ってもいます。

ナンセンスもの、そして一十口作品(というか改名されてから初)が久しぶりすぎて、私大丈夫か!?と稽古場で何度か思っていますが、久しぶりなこの立ち位置もなんだか嬉しく思ってもいます。
ドキドキします。
間、作りたいです。

あ、そうだ。

まだ、文章が書けない泰然に変わって一応彼の分の日記も。

チョビがいた。(今日の稽古の感想)

あ、共演者の遠藤君のことです。

菊川朝子

S__58048619