ストラタいよいよ来週です。
まず申し上げたいことは、
御予約がまだの方は是非!

げんこつ団をお好きな方は是非!
そうでない方も是非!
是非是非。

さてこの度の出演者ですが。

げんこつ団からは、人より物の役が得意、春原久子。

げんこつ客演からは、顔が全てを物語る、望月文。

げんこつ団をご覧下さっている方々には、両者についての紹介は不要と思い、
この度は、それ以上のことは、省略させて頂きます。ご容赦ください。

そして、何度「東京タンバリン」を観劇しても顔と名前が一致しなかった、遠藤弘章さん。 
役によって姿も雰囲気も変える、げんこつスタイルにも似た変幻自在さが見受けられます。 
なので秘かにファンとなり、過去、げんこつの総集編と番外公演にも、ご出演頂きました。

そして、「ナイロン100℃」で勇ましかったり何だりする姿を拝見しておりました、皆戸麻衣さん。
やりたい微妙な演出がどうして分かるのか、とても不思議でとても嬉しくて、とても頼もしい方です。
去年のげんこつ公演にもご出演頂きまして、とても不思議でとても嬉しくも、引き続きのご参加です。

そして、短編映画にはご出演頂いた事があるのですが、舞台では初めての、三枝翠さん。 
普通そうで普通でない。朗らかそうで朗らかでない。かと思いきや、普通に朗らか。
そうして、何だかわからないけど全てを包み込んでくださる感じと、
全て包み込んだかと思ったら全てぶちまけているような感じが、溜まりません。

そして、「Hula-Hooper」主宰、あと目まぐるしく常に色々な事をやられている、菊川朝子さん。
ハツラツにメランコリック。カイカツにアンニュイ。誠に勝手ながら、そんなイメージです。
普通の人の役を割り当てたくなる、普通じゃない普通さがあり、
今回も誰より普通なところに立たされ、しかし巻き込まれきらずに、存在します。
だいぶ前にげんこつ公演によくご出演いただいており、今回久々です。

そして、菊川朝子さんからご紹介頂きました、菊川泰然さん。
初舞台は子宮内から踏んでいるという、師匠です。
今回作品の要の存在となって頂くべく、オファーさせて頂きました。
皆を魅了するその魅力を、存分に発揮して頂きたく思っております。

以上のキャストでお送りします『ストラタ』は、
悲劇と悲劇の合間の、「歩道ナンセンス喜劇」です。
あくまでも合間です。悲劇と悲劇の合間に、うっかり見える白昼夢です。
 
諸々普通じゃありませんが、諸々普通かなとも思う、
自分の書いたものは、どう言っていいのか分かりません。

ただ、この度、書き進めるにあたって、
交通加害者と被害者について、いくら諸々と調べたり読んだりしても、
最初に抱いていた「もうどうしようもない」という事実は、覆りませんでした。
つまりストラタはひたすら、どうしようもない人々の、 どうしようもないナンセンス喜劇です。
 
たった三日間です。
なので昼夜頑張ります。

是非とも、御予約&御来場を、お願い致します。
皆さまのお越しを、心から、お待ちしております!
 ストラタ写真1